2017年6月7日 院長はインプラントを埋入しました。|ブログと学会・研修報告

イトーヨーカドー内・駐車場完備

診療時間

ご予約はこちら 0120-260-418  携帯電話の方はこちら 0120-260-418

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

facebookでチェックしてね

  • 土日・祝日診療
  • 女医・保育士常駐
  • 症状別歯科治療ガイド
  • やなぎさわ歯科 オークヒルズ歯科 インプラント治療
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • クリーニング
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 入れ歯
  • インプラント
  • 小児歯科

夜8時まで診療駐車場完備土日祝も診療

2017年6月7日 院長はインプラントを埋入しました。

2017年6月7日 院長はインプラントを埋入しました。

院長は抜歯と同時のインプラント埋入をしました。

歯を抜かなければいけなくなる大きな原因の一つに神経の無い歯の破折があります。今回も歯根破折により抜歯となってしまいましたが、幸いCTで周囲の骨の吸収がなかったため、抜歯と同時のインプラント埋入を行いました。

術後のレントゲン画像(左)では、副鼻腔(赤線より上)や隣の歯(黄色の線)に近すぎるようにも見えますが、CTにより、特に近すぎないことを確認できています。

今回のように、狭い骨の空間にインプラントを正しい位置と方向に埋入するのは非常に難しい手技となりますが、今回もサージカルガイドを使用し、2名の勤務医の歯科医師見学の中、特にプレッシャーを感じることなく安全に埋入できたと思います。

 

※本ブログの症例はすべて患者様のご承諾を得たケースのみ掲載しております。