2017年10月7日 院長はインプラントを埋入しました。|ブログと学会・研修報告

イトーヨーカドー内・駐車場完備

診療時間

ご予約はこちら 0120-260-418  携帯電話の方はこちら 0120-260-418

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

facebookでチェックしてね

  • 土日・祝日診療
  • 女医・保育士常駐
  • 症状別歯科治療ガイド
  • やなぎさわ歯科 オークヒルズ歯科 インプラント治療
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • クリーニング
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 入れ歯
  • インプラント
  • 小児歯科

夜8時まで診療駐車場完備土日祝も診療

2017年10月7日 院長はインプラントを埋入しました。

2017年10月7日 院長はインプラントを埋入しました。

 

院長はインプラントを埋入しました。

いつものように、CTスキャンで骨の状態を調べると、骨の高さと幅は十分にあり、やや骨が柔らかいこともわかりました。

計画としては、サージカルガイドを使用し、フラップレス(歯茎を切り開かない術式)でのオペとなりました。

奥歯の場合、お口が開きにくいとサージカルガイドを使用したオペが行いにくくなりますが、今回は問題なく使用ができました。

サージカルガイドを使用するメリットは、適当な感覚で行うよりも、インプラントにとって理想的な位置と方向にインプラント埋入しやすい点です。

そして、方向がずれないと安心してオペができるため、フラップレスでの術式が可能となるケースが増えます。

フラップレスの術式のメリットは、何と言っても切らないで済む点です。切らないということで、術中、術後の出血、腫れ(はれ)も最小限となります。

今回は骨が柔らかい状態でしたので、少し狭く穴を形成し、太めのインプラントを埋入しました。(青矢印)

単純な術式のため、オペはとても早く終わりますが、初期固定も良好で、神経の痺れの合併症リスクもほぼゼロでできたと思われます。

そして、今回は患者様も頑張っていただいたため、オペ時間は5分となり、今までの最短時間でオペは終了しました。